加工部品の調達・見積りなら新潟部品加工株式会社

営業時間 / 8:30〜17:30

TEL:0256-64-8441(代)

加工のご依頼はこちら

これからNC旋盤の導入を検討している方はいらっしゃるでしょうか。
「そもそもこの機械でどんな作業ができるのか知りたい」
「NC旋盤の特徴や構造がわからない」
こうした悩みをお持ちの方も多いでしょう。
そこで今回は、NC旋盤でできることやこの機械の特徴や構造について紹介します。

□NC旋盤の基礎知識や種類について紹介

まずはNC旋盤がどういった機械なのかについて一緒に確認していきましょう。
こちらの機械は、一般的な普通旋盤にコンピュータがついているものと思ってもらえれば問題ありません。

旋盤の中には、工具を人間が手動で取り付けたり、取り外したりするものがありますよね。
NC旋盤の場合は、こうした作業を自動でコンピュータが行なってくれます。
そのため、作業員がその場にいなくても加工ができるという特徴があります。

最近では、マシニングセンタが合体して、タ―ニングセンタと呼ばれるものも開発されました。
さらに複雑な作業ができるようになり、多機能化、高機能化が進んでいます。

次は、NC旋盤の種類について紹介します。
小さな精密部品の加工から大型部品の加工までを目的別に使い分けています。
それぞれについて詳しく見ていきましょう。

・NCタレット旋盤(CNC旋盤)
こちらは旋回式の刃物台が設置されているタイプのものです。
タレットに装着している工具を順番に使用することで、連続で複数の加工を行えます。
生産性の高さが特徴的で、小物から中物の生産に適しています。

・CNC自動旋盤
こちらは加工ワークを自動で着脱できるタイプのものです。
ベアリング部品や自動車部品といった小物の精密加工をする際に役立ちます。
作業者がいちいちワークを着脱する必要がないというのは非常に便利ですよね。

・CNC高精密旋盤
こちらはレンズ金型や光学部品などの非常に高い精度が求められるものを生産する際に役立ちます。
サブミクロンの精度で加工できます。

・NC立旋盤
こちらはワークの回転軸が縦向きになっているものです。
加工ワークをテーブルに置いて回転させられます。
そのため、重たい素材でも安全に加工ができます。

・NC正面旋盤
こちらは大きいワークに加工を施す際に使用されます。
主軸が作業者の正面に向いていることから正面旋盤と呼ばれています。

・NC単能機
こちらはある1つの作業工程に特化しています。
大量生産が必要な場合に役立ちます。
シンプルな構造でメンテナンス性の高さも魅力の1つです。

・NC倣い(ならい)旋盤
こちらは倣い加工の機能が搭載されているものです。
段付き軸部品やテーパー状の部品を、倣い装置でトレースしながら加工を行います。

・NCロール旋盤
こちらは大きな円筒ワークの加工をする際に使用されます。
特殊部品を加工することが多いです。

・NC車輪旋盤
こちらは鉄道車輪を作成する際に使用されるものです。
車輪の摩耗を補正したり修理したりする際に役立ちます。

□NC旋盤でできることとは

ここからはNC旋盤でできることについて見ていきたいと思います。
先ほども紹介したように普通旋盤にコンピュータの性能を取り付けたものなので、基本性能は変わりません。
普通旋盤と同様に、外径加工、内径加工、端面加工、ネジカ国、溝加工、穴加工、塩水加工などができます。
普通旋盤との違いとしては3つ挙げられます。

1. 自動加工
コンピュータによって制御ができるので、加工プログラムを作成することで自動的に加工を行えます。
従来であれば作業員が旋盤につきっきりだったのですが、一人で複数台を稼働させられるようになりました。

2. 高精度
メーカーや機種によって多少の違いはありますが、0.001ミリメートル単位での加工も可能です。
これだけの精度が出せるようになると、生産できる品も増えるということです。

3. 精度の均一さ
プログラムされた数値の通りに旋盤が加工を行うことで、完成した品物の質が今までよりも均一になっています。
同一品質の商品を大量に作成できます。

□NC旋盤のメリットとデメリット

最後にNC旋盤のメリットとデメリットについて紹介します。

メリット1:安定した品質
こちらは先ほども紹介しましたね。
手動で作業を行うのではなく、コンピュータによって制御してもらっているので品質が安定します。

メリット2:量産化やコスト低減
従来の旋盤であれば作業員が1つの機械につきっきりの状態でした。
しかし、1人で複数の機械を稼働させられるので、生産性が高まりました。
人件費も節約できますね。

メリット3:安全性が高い
作業員の巻き込み事故や刃物で怪我をするという危険性を減らせます。
労働災害の可能性を減らせるというのは大切ですね。

デメリット1:導入コストが高い
制御装置やソフトウェアといった周辺設備が必要です。
導入時はどうしてもコストがかかるでしょう。

デメリット3:プログラムを作成する必要がある
プログラムの開発や作成が必要です。
従来の工作機械よりも1つの加工にかける時間と労力は増えるかもしれません。

□まとめ

今回は、NC旋盤でできることやこの機械の特徴や構造について紹介しました。
NC旋盤がどういったものかを理解していただけたかと思います。
これから導入を検討している方は、ぜひ当社までお気軽にご相談ください。

一覧に戻る

CONTACT お問い合わせ

「ものづくりのまち燕三条」だからできる。
お客様の様々なご要望にお応えします。

他社に断られた案件など、お困りでしたらすぐにご連絡ください。
迅速かつ丁寧な対応で、お客様のお役に立ちます。

受付時間 / 8:30〜17:30

0256-64-8441(代) 加工のご依頼・ご相談はこちら

対応エリア日本全国

関東方面・関西方面をはじめ、
全国に対応しております。