加工部品の調達・見積りなら新潟部品加工株式会社

営業時間 / 8:30〜17:30

TEL:0256-64-8441(代)

加工のご依頼はこちら

「マシニングセンタと旋盤ってどんな違いがあるの?」
このような疑問をお持ちの方はいらっしゃるでしょうか。
マシンングセンタと旋盤はどちらも金属加工の世界では欠かせない機械ですよね。
そこで今回は、マシニングセンタと旋盤の違いについて紹介します。

□マシニングセンタと旋盤の違いについて紹介

まずはマシニングセンタがどういったものかについて確認していきましょう。
マシニングセンタとは、以下で挙げるさまざまな加工を連続で行えるNC工作機械のことです。
・中ぐり
・フライス削り
・穴あけ
・ネジたて
・リーマ仕上げ

ちなみにNC工作機械とは、NC装置を備えた機械のことです。
NC装置は、工作機械やロボットの動作を数値制御する機械のことです。
工作機械は、目的の形状に加工するために工具や素材を動かしますよね。
その時の動きを数値化し、コンピューターによってモーターを整除しながら、数値通りに機械を動かします。

上記で挙げた多様な加工をマシニングセンタ1つで可能なのは、自動工具交換装置が備え付けられているためです。
これは、NC装置に加工プログラムを設置することで、工具の切り替えまでも自動で行えるようにするためのものです。
つまり、手動で工具の切り替えをする必要がないということですね。

では、旋盤とはどのような違いがあるのでしょうか。
マシニングセンタは、素材を固定させ、そこに回転させた工具を当てて削ります。
一方で、旋盤は素材を回転させ、そこに工具を当てて削ります。
削るという観点では同じような機械ですが、回転するものが大きく異なります。

回転させる対象が異なるために、得意な加工の形状も異なります。
マシニングセンタは工具を回転させるため、角状の加工に適しています。
旋盤は、素材を回転させるため、丸状の加工に適しています。
また、旋盤とマシニングセンタを組み合わせた機械も存在します。
これを複合加工機と呼び、複数工程の作業を1台の機械で完結させられます。

□マシニングセンタの種類とメリットデメリット

次は、マシニングセンタの種類について紹介します。

・横型マシニングセンタ
こちらは工具の主軸が水平に配置されています。
X・Y・Z軸の全方向に稼働でき、3次元の加工が可能です。

主軸の方向が水平であることから、切りくずが重力によって落下します。
つまり、切りくずが溜まりにくいということです。
しかし、ワークを支えるための力がそれなりに必要なので、重たい素材の加工には向いていないでしょう。

・立型マシニングセンタ
こちらは工具の主軸が垂直に配置されています。
駆動軸は、X・Y・Z軸の3軸で、ボール盤やフライス盤と似たような作りになっています。
主軸が縦向きであることから加工中に工具と素材の距離を確認しやすいです。
また、1面に多くの加工が必要な場合に活躍します。

しかし、切りくずが溜まりやすいため、加工不良を引き起こしやすいです。
工具の回転速度を調整したり、切削油の量を調整したりする必要があります。

・門型マシニングセンタ
こちらは機械全体が門のような形をしているのが特徴的です。
主軸が、立型式のものと同様です。

立型と異なる点としては、テーブルが広く、門をくぐるようにして素材を動かすことです。
大型の製品を加工する際に役立ちますが、その分設備自体も大きくなるでしょう。

・5型マシニングセンタ
こちらも立型と同様の主軸となっています。
異なる点は、テーブルの2つを回転させることです。
X・Y・Z軸の3軸に回転の2軸が加わることから5軸という名前がついているのです。
主軸やテーブルを傾けることによって斜めから加工ができるようになっています。
制御する軸が多いため、機械の運転には技術力が求められるでしょう。

□旋盤加工の種類と旋盤加工機の種類

最後に旋盤加工の種類についても紹介しておきます。
旋盤加工機の種類も併せて紹介するので、是非参考にしてください。

旋盤加工には、いくつか基本の加工が存在します。
5種類の加工方法について詳しく見ていきましょう。

・外径加工
回転させている素材の外側から工具を押し当てて加工します。

・内径加工
こちらは回転させている素材の内側から工具を押し当てて加工します。

・ネジ切り加工
ネジ切りとは、ネジ山を作る加工のことです。
専用の工具を取りつけることで、雄ネジと雌ネジの両方の加工ができます。

・穴あけ加工
こちらはドリル刃を用いて加工します。
内径加工の前準備として行われることがあります。

・突切り加工
こちらは素材の不要部分を切り落とす加工です。

旋盤加工機は、以下の6種類です。

・汎用旋盤
最も基本的な旋盤です。
さまざまな加工ができるのですが、工具の脱着は手作業で行います。

・NC旋盤
こちらはコンピュータによって制御を行いまs。
大量生産に向いています。

・卓上旋盤
汎用旋盤との違いはありませんが、装置が小さいです。
作業台の上にも設置できます。

・正面旋盤
こちらは大きな製品を加工するために作られたものです。
巨大な素材を加工できますが、精度は高くないでしょう。

・立旋盤
一般的な旋盤が横向きに加工を行うのに対し、こちらは縦向きで加工をします。

・タレット旋盤
こちらは工具の脱着をタレットによってワンタッチで行えるようにしたものです。

□まとめ

今回は、マシニングセンタと旋盤の違いについて紹介しました。
それぞれの違いについてご理解いただけたでしょうか。
部品加工や部品調達のことでお困りの方は是非当社までご相談ください。

一覧に戻る

CONTACT お問い合わせ

「ものづくりのまち燕三条」だからできる。
お客様の様々なご要望にお応えします。

他社に断られた案件など、お困りでしたらすぐにご連絡ください。
迅速かつ丁寧な対応で、お客様のお役に立ちます。

受付時間 / 8:30〜17:30

0256-64-8441(代) 加工のご依頼・ご相談はこちら

対応エリア日本全国

関東方面・関西方面をはじめ、
全国に対応しております。