ビジネスモデル

新潟部品加工は機械装置メーカー様が必要とされる「部品」を製造し、供給しています。製品には全て部品が必要です。その部品を供給する事が主な仕事です。部品の市場規模は少なくとも数百兆円はあり、日本に基幹産業を支える大事な業界です。
中小企業の廃業が増加する時代に、我々新潟部品加工が早く・安く・いい部品を供給する事で日本のものづくりの発展に貢献しております。

ビジネスモデル

複数のやりとりが1回になり、業務が簡素化されます。見積もり、打ち合わせ、手配、図面差し替え、納期管理、品質管理等、全ての窓口が当社だけに集中できるので効率的な上、当社は400社を超える協力工場を持っているため、各々の部品にあった協力企業を選択することで、現状よりもコストダウンを図れます。

コロナ禍での取り組み

多品種少量生産の機械装置業界は、コロナ禍の中でも業績好調な企業が多いことから、新潟部品加工では安定した受注を獲得。2020年3月から6月までの各月の、新潟部品加工と奉仕社両社の売り上げ(粗利)合計は、対前年比で100%を超えています。
新潟部品加工の取り組みについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

2030年の姿

創業時から毎年2倍ずつ伸びている業績は2030年で年商50億を目標とし、
日本全国・海外にも拠点を置き世界で部品加工ビジネスを発展させて参ります。

事業内容
売上高の遷移

育成制度

当社は20代の若手社員の多い会社です。その若手社員の皆さんが、立派な社会人として、人間として成長していく事を願い、皆で学ぶ機会を多く設けております。平等に公平に優しく指導致します。

若手社員研修
スキルアップ研修
全社キャリアアップ研修

ENTRY エントリー

私たちと想いをともにしていただける方のご応募を、
こころよりお待ちしております。